2015年11月02日

突然ですが着物が好きになりました!

こんにちは。
本当に久々の投稿です。
タイトルの通り、突然ですが着物が好きになりました・・・。

今年の夏、縁あって着物を着ました。
それも振袖。
もちろん先人式は、遥か彼方過去のことであります。
いくら若作りが好きであったとしても、
イベントが無ければ振袖など着ることはなかったでしょう。
イベントのことはまた別の機会に譲るとして、
今回着物を着てみて、本当に着物ファンになりました。

着物の美しさ、完成度の高さ、合理性、細やかさ、
慎ましやかさ・・・。
産業としての裾野の広さ・・・。
全くもって、我が国の先人たちは合理的であり、
楽天的であり、働き者であったと思うに至りました。

以前私は、洋服の販売会社に勤務していました。
おしゃれが好きでした。
今思うとファブリックが好きだったのだと思います。
体型が大柄なのでサイズには四苦八苦しました。

しかし、、、、着物であればサイズはかなりファジーです。
ウエスト、ヒップが10センチ増加ぐらいは平気でしょう。
おまけに洗い張りをして縫い直せば、大きくも出来るし、小さくも出来る。
縫込みさえあれば、縫込みの分サイズを大きく出来ます。

布地の色目が若いとなれば染め直しもできます。
畳めばほんの数センチの厚さで収納できます。
大切に扱えば、絹は三代もつと言われています。
(もちろん使用頻度や保存状態にもよるでしょう。)

擦り切れてしまっても、おくみを伸ばせばまだ着用きます。
衿が汚れても掛襟を裏返したり位置をづらしたりして仕立て直すことも可能です。
着物としてダメでも、羽織にしたり、日常着にしたり。
布団のカバーにしたり、帯にしたり。
最後の最後は、半衿にしたり。
日常着の木綿ならば、雑巾或いはおむつでしょう。

最後の最後まで使いきろうとする「もったいない」精神を痛いほど感じました。

先人たちは、いつもものを大切にし、「これをどうやって生かそうか」と工夫しようとしていたことを、
着物から感じました。

例えば十二単も、特別な方々の衣装であったと思うのですが、
十二枚もあれば順番に洗い、順番に取り替えていたと容易に予想されます。

先人たちは、豪華さを志しながらも、合理性と経済性をずっと大切な価値観として持っていたのではないかと思うのです。

別に過去の文献で検証したわけではありません。
権威ある研究者から聞いた訳でもありません。

ただ、着物を見ていると先人たちと同じ気持になれるような気がします。
posted by 葵東子 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。